Menu Close

ブログ

ギャンブルをテーマとした最も有名な日本の漫画

ギャンブル

日本では、アニメの人気が高いですが、世界市場では、最近になって、日本のアニメの人気が急上昇してきました。一方、漫画は、日本で長い間人気がある上に、世界中の視聴者に愛されてきました。他の国でも、日本スタイルのアニメを作ろうとする試みはありましたが、どれも日本のアニメにはかないませんでした。カートゥーンであれ、グラフィックノベルであれ、漫画とはアニメーションの一形態であり、子供だけでなく、大人でも楽しめます。日本のアニメや漫画は、長い歴史を持っています。しかし、世界的な視聴者の増加とインターネットの普及により、漫画はさらに特別な存在となりました。   賭博黙示録カイジ ギャンブルについて取り上げる漫画が多くある中、『賭博黙示録カイジ』は、ギャンブルにより特化した作品です。ギャンブル性が、圧倒的に強いのです。ストーリーも面白く、漫画に釘付けになることでしょう。1996年に発表され、福本伸行氏がイラストを担当した本作は、6つの章で構成されています。あらすじは、失業した主人公・カイジが、友人の保証人となって負債を抱えることになります。お金を支払うためには、彼はギャンブルゲームに勝たなければなりません。 アカギ〜闇に降り立った天才〜: この漫画シリーズには、ヤクザの暴力団員、人気の麻雀、そして腕のいい主人公という、最高の要素が詰まっています。『カイジ』と同様に、福本伸行氏が手がけた作品ということで、『カイジ』との類似性が際立っています。シリーズ累計1200万部を突破し、長い間トップを走り続けています。全26話のアニメ化もされ、2005年と2006年に、それぞれ13話ずつ放映されました。 哲也-雀聖と呼ばれた男 主人公・哲也は、貧困が横行し、飢餓が常態化した戦後の日本にいます。全ての職業が無い中、彼はギャンブルのスキルを駆使して、戦いに挑んでいきます。『カイジ』や『アカギ』にも、引けを取らない漫画です。ですので、ギャンブルをテーマにした漫画といえば、この作品も見逃せないでしょう。 賭ケグルイ 麻雀は、日本国内で人気のあるゲームであり、日本文化の中で一世を風靡しています。麻雀は、かなり体系的なゲームであるため、子供たちは、スキルを磨くために学校に通わされます。そこでは、ギャンブルクラブに参加し、新しい麻雀スキルを学んでいくのです。この漫画は人気が高く、Netflixでも配信されています。 サイキックギャンブラー:ベッティングマン ギャンブルに興味があり、漫画が好きな方には、『サイキックギャンブラー』がおすすめです。リスペクトに値する作品です。2016年にリリースされた当作は、ジングーが特異な能力をギャンブルに使用するという物語を描いています。驚いたことにも、ジングーはすぐに、その能力を持つのは自分だけではないことを発見します。他のプレイヤーも、同じような力を持っていたのです。最終的には、ゲームの行方は、自らのスキル次第になっていきます。 まとめ: 漫画は、日本でも人気のある媒体であり、さらには、海外でも人気が出てきています。インターネットの普及により、オンライン上で簡単に漫画シリーズを見つけることができます。